無添加化粧品を使えば健やかな肌が育つ【肌の自然治癒力が向上】

スキンケアする女性

肌をいたわるスキンケア

無添加化粧品を利用する目的は、肌に刺激を与えないスキンケアをすることです。季節の変わり目で肌が敏感になり肌トラブルを起こしている時や、アレルギーの症状が出ている時などに、肌をいたわったスキンケアとして活用できます。

顔に触れる女性

肌の治癒力が高まる

無添加化粧品のメリットは、肌に負担が少ないこと、長期的に使い続けて良さが現れることなどがあげられます。肌に負担のある成分が含まれず肌のターンオーバーが乱れないので、肌が本来持っている治癒力が高められます。

化粧水

102の指定成分が無配合

無添加化粧品は、アレルギーの危険性がある102種類の成分が配合されていないものを指します。品質の良い無添加化粧品は、肌への負担が少なく使い続けることで肌力を高められます。ただ、防腐剤などが含まれていないので、使用期限が決まっています。

顔に触れる女性

配合成分を確認する

無添加化粧品には明確な基準が定められていないため、何を基準に無添加としているのかを確認したうえで選ぶことが大切です。また、長期的に使い続けることで効果が現れるため、扱いやすさや価格に関しても自分に合ったものを選ぶのが賢明です。

顔に触れる女性

使用期限内に使い切る

無添加化粧品を使うときに気をつけることは、使用する前にパッチテストをすることです。無添加といってもメーカーによって定義が違い、アレルギーを起こす成分が入っていることもあります。また、直射日光に触れないように保管することも大切です。

肌への刺激が少ない

基礎化粧品

敏感肌でも使える

化粧品は、肌を美しくするために使用するものなので、本来は肌に良い成分しか配合されていないはずです。しかし、香りづけをするために香料を使用したり、美しい色にするために色素を使用したりと、必要のない添加物が配合されているものもあります。無添加化粧品は、肌に有害とされる添加物を使用せず、安心して使える化粧品として人気です。添加物が入っていると肌への負担が大きく、肌を守るために角質層が厚くなってしまうこともあります。そうなると、美容成分も肌へ浸透しにくくなり、本来の役割を果たせなくなります。また、添加物によってダメージを受けた肌のターンオーバーは乱れるため、肌サイクルが狂い肌の再生力が弱まってしまうのです。肌荒れやしみ、くすみなどのリスクが高まります。無添加化粧品は、肌への負担が少なく肌の自然治癒力が向上できるので、肌力を改善できます。また、無添加化粧品は肌への刺激が少ないため、敏感肌やアトピー性皮膚炎の人が使えるのも人気を高めている理由でしょう。普通の化粧品ではしみたり、肌荒れしたりする人でも、刺激を感じず使い続けられます。もちろん、薬ではないので即効性はありませんが、長期的に使い続けることで自然治癒力を高め、肌質の改善を期待することもできるでしょう。食べ物に関して無添加が望まれる中、化粧品も無添加のものが求められる時代になっています。これからも、無添加化粧品の需要はますます高まり、選択肢の幅も大きく広がることが期待されます。