無添加化粧品を使えば健やかな肌が育つ【肌の自然治癒力が向上】

配合成分を確認する

顔に触れる女性

認証マークが付いている

肌に良さそうだという理由から、無添加化粧品を選ぶ人は多いでしょう。しかし、無添加化粧品だからといって、添加物が一切使用されていないわけではありません。日本にはまだ無添加化粧品の明確な基準が定められていないため、何を無添加とするかはそれぞれのメーカーの判断に委ねられています。そのため、無添加化粧品という言葉に踊らされずに、何が無添加であるのかしっかり確認して選ぶことが大切になります。2001年以降は、化粧品に使用されているすべての成分を表示することが義務付けられました。成分表を見ると配合成分を知ることができるので、自分に合わない成分が入っていないか確認できます。肌に危険性がある成分は102種類に及び、すべての成分について知るのは難しいでしょう。最も避けるべき成分としては、石油系界面活性剤、防腐剤、殺菌剤などです。そのほかにも、自然由来の成分であるのか、原料や原産国にこだわって選ぶと、より品質の高い無添加化粧品が選べるでしょう。国によっては、無添加化粧品の基準を定め認証しているところもあるので、認証マークの付いた化粧品を選ぶ方法もあります。しかし、完全無添加の化粧品は日持ちもしにくく、冷蔵庫で保管しても数週間しかもたないなど扱いにくい面もあるうえ、価格も高い傾向があります。化粧品は継続して使い続けられることが前提であるため、成分はもちろん、扱いやすさや価格に関しても自分に合ったものを選ぶようにしましょう。