無添加化粧品を使えば健やかな肌が育つ【肌の自然治癒力が向上】

使用期限内に使い切る

顔に触れる女性

パッチテストを行う

無添加化粧品は、一般的に防腐剤や香料、色素など肌に害があるとされる成分が含まれていない化粧品のことを指します。メーカーによって無添加の定義は異なりますが、肌にトラブルを起こすとされる成分や添加物を使用しない化粧品と考えて良いでしょう。肌にダメージを与える添加物が入っていない分、無添加化粧品は普通の化粧品よりも保管に気をつける必要があります。まず、直射日光のあたる場所におかず、できれば冷蔵庫に保管することです。防腐剤などが入っていないため不安定で、変質する可能性があります。そして、ボトルの口などに直接触れないことも大切です。雑菌が化粧品の中に入って増殖する恐れがあります。クリームなどは、スパチュラなどの道具を使って使うようにしましょう。また、無添加化粧品には使用期限があるので、期限内に使い切ることも大事です。使用期限が過ぎたものを使うと、肌トラブルの原因になってしまいます。せっかく肌に優しい化粧品を使っているのに、肌荒れを起こしては本末転倒です。敏感肌の人でも使えるのが魅力の無添加化粧品ですが、すべての人に肌トラブルが起きないわけではありません。メーカーによって配合されている成分も異なるため、アレルギー反応などが起こる可能性もあります。使用する前には必ず目立たない場所でパッチテストをし、肌に赤みや痒みが出ないかを確認してから使うようにしましょう。アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は、特に気をつけるのが賢明です。