無添加化粧品を使えば健やかな肌が育つ【肌の自然治癒力が向上】

102の指定成分が無配合

化粧水

肌力を高める

無添加化粧品は、アレルギーの恐れがある102種類の成分が含まれていないものを指します。全く添加物が含まれていないわけではなく、指定されている成分以外の化学成分が配合されていることもあります。そのため、無添加という言葉だけに踊らされず、成分表を見て自分の目で判断することが大事です。成分表の記載ルールは、化粧品に配合されている分量が多いものから順に記載することです。成分表の一番初めに記載されている成分が、最もたくさん多く配合されている成分になります。そのため、成分表の最初の方に、自分に合わない成分が含まれていないかを確認するようにしましょう。しっかりと選んだ無添加化粧品は、肌に負担が少なく、長期的に使い続けることで肌力の高い美肌へと近づけてくれます。角質や細胞が刺激物によって傷つけられないため、肌のターンオーバーが乱れないからです。肌のターンオーバーは肌の生まれ変わりの周期で、正常に行われていると肌トラブルが回避できます。毎日のスキンケアだけで、シミやくすみのない美しい肌を手に入れられるのです。ただ、品質の良い無添加化粧品は使用期限が決まっており、保管にも気を遣う必要があります。防腐剤などが入っていないため、腐りやすいのです。一般的な化粧品は未開封で3年間保存できますが、無添加化粧品はそのようなわけにはいきません。また、直射日光に触れないように冷暗所で保管したり、冷蔵庫の中で保管することも大事です。